ニキビ跡を消したい時

TOPへ  そばかすを消す治療を行う  メイク  飲み薬  保険適用  美容皮膚科でのたるみ治療  予防方法  そばかすの治療  コンプレックス  肌の変化  効果が高い治療法  コスメを活かす  人気の施術  ニキビの悩み  洗顔料にも配慮する  リモートワークによる顔のたるみ  MAP

出来てしまったニキビをつい触ってしまって、
ニキビ跡になってしまった、という人もいます。

ニキビ跡には、時間は経過していくと、自然に改善されていくものと
ずっと残ってしまうものがあるといいます。

もしも赤い炎症が治まってきて、自分の肌色と同じになったのにダメージは残ったまま、
というときは、傷跡が完成してしまった状態であると考えることができます。

ニキビに悩まされたことのある人に聞いた「ニキビの悩み」

ニキビができやすい場所で、ニキビは思春期にできるとか若い人で十代はおでこ、
年齢を重ねてくるとほほやアゴにできるようになる、と聞いたことがあります。

にきびのできる場所

2017年11月2日〜11月6日のアンケートの結果をみると、男性では
顔全体にニキビができるという方が全体、20代、30代でもっとも多いようです。

また、女性ではアゴにできるという方が全体、20代、30代でもっとも多いようですね。
男性でも、女性でもアゴや顔全体、おでこやこめかみにはできやすいようです。

女性の20代では、フェイスラインにもできるみたいです。
ニキビがでできやすい場所と年齢はあまり関係ないかもしれません。

ニキビができやすい季節はあるのでしょうか。
乾燥肌で保湿がきちんとできていないと、毛穴から皮脂が分泌され
それがニキビになると聞いたことがあります。

冬場だとお肌は乾燥するので、冬だとできるのでしょうか。
アンケート結果をみてみると、「春夏秋冬」どの季節に、【ニキビができやすい】と感じますか?
という質問に対して、男女共に夏にできやすいと答えた方が多いです。

ただし、季節関係ないと答えた方も多かったようです。
ニキビができるのに季節は関係ないのかもしれません。

傷跡が気になったら美容皮膚科へ

美容皮膚科などでは、この場合、レーザーや光などによる治療を行われるようになります。

美容皮膚科では、レーザーや光治療の種類は大きくわけると3つのタイプになるのですが、
肌の表面を削る蒸散タイプ、肌の表面を削らない光治療、フラクショナルタイプがあります。

赤みやシミになってしまった色素沈着タイプのニキビ跡に
有効なのは蒸散しないタイプの治療で、深いクレーターや凹凸のある
ニキビ跡に有効なのは蒸散タイプやフラクショナルタイプの治療です。

それぞれの跡にあった治療方法があるので、きちんと医師に相談してみることが大切です。

皮膚科の医師に相談