忘年会を盛り上げるための景品を探す

忘年会の景品探しに迷ってます。-HOMEー

景品の選び方会社など忘年会でゲームの景品を考えるのは意外と頭を抱えてしまうものです。

忘年会のゲームが盛大に盛り上がると、周りからの自分への評価も
多少上がる気がするのも事実です。ネタになる景品を上手く活用すれば
大成功へ1歩近づくことは間違いありません。

忘年会での上手な景品選びにはコツがあります。景品の内容を考える

参加者全員が心から欲しいと思う「目玉商品」と大爆笑必至の
笑いのネタになる商品をセレクトすることです。

まずは皆が欲しがる目玉商品ですが、これは高級肉や旅行券・
人気の家電や美容グッズなど、誰もがもらって嬉しい物を
選べば良いのでさほど難しくはありません。


一方ネタになる景品はどのようなものが良いでしょうか。

参加者のウケを狙うことが目的なので、高価なものである必要はありません。
セクシーな下着やお笑い芸人になりきれる衣装などは定番の人気です。

またお札の束をそっくりに真似たメモ帳や、高価な宝石に似せた
フェイクのジュエリーは、参加者の驚きが楽しみなアイデアグッズです。
人気のお菓子のビッグ版なども安定した人気の景品です。
さらに面白いところでは社長のサイン入り色紙などもあります。

ネタになる景品

 

人気の美容家電はヘアードライヤー!決してお手頃な価格ではない美容架電は景品にピッタリ

忘年会や結婚式の二次会、各種イベントの多くで行われるビンゴ大会は参加者たちが実はとても楽しみにいているものの1つです。

会費を徴収している場合には、もちろん予算などもその会費によっても変わってきますし、さらに参加している方の年齢層や性別によっても景品選びを考えていかなければなりません。
もしそのイベントに女性が参加しているのであれば、66.7%の女性が使用していると言われるドライヤーを景品に入れてみるのもオススメです。といっても、普通のヘアードライヤーではなく、価格も高めの高機能なタイプです。

自分で買うのはなんとなく高いしもったいないけれど、もらったらうれしいし実は欲しいものの1つという位置づけです。景品では目玉というのが必ず必要ですし、もっと高額商品を入れられるのであれば良いのですが、1万円から5万円ぐらいまで実は今かなりのお値段の幅があるので、良いものを探そうと思ったら某掃除機メーカーからも出ていますし要チェックです。

景品で出す時には、目玉商品は話題になっているものや新製品を取り入れることです。ビンゴで当たった時に、歓声が出たりいいなという声が聞こえるようにそれを目指して景品選びをしていきましょう。
メジャーすぎると既に持っている人がたくさんいるということにもなりかねませんが、出始めで話題になっているものというのがポイントです。

幹事さんの成功は、ビンゴ景品の選び方にも関わってくるでしょう。